ドライアイは涙の量が減ったり、涙の成分が変わったりして、
目の表面にキズができる病気です。

ドライアイが進行すると、視力低下や角膜剥離を起こすこともあります。
きちんと対処して症状を改善しましょう。

目の疲れや、かすみ、痛みなど、不快な目の症状の原因の
多くが「ドライアイ」と言われているのです。

パソコンのモニターなどを長時間にわたって見ていると、目の筋肉が緊張し、
まばたきの回数が減ることから目が乾燥し、ドライアイの原因となります。

また、エアコンによる空気の乾燥やコンタクトレンズの使用などの条件が重なると
ドライアイの症状が発生しやすくなります。

ドライアイは、涙の量が減ったり、涙の成分が変化したりして目が乾く症状です。
この涙の主成分は水ですが、実際は「ムチン層」「水」「脂層」の3層に分かれて
目の表面を覆い保護しています。

まず角膜の上に「ムチン層」があります。
このムチン層は水分を目にとどめておく、糊のような役割を果たしています。
次に水の層があり、その上に「脂層」があります。
脂層は水分を蒸発させない役割があります。

涙には、目を潤す以外にも、ゴミなどの異物を洗い流したり、
角膜に栄養を補給したり、細菌やウイルスを殺したりと、
様々な役割を果たしています。

ドライアイであってもドライアイでなくても、
目にとって、涙はとても重要なのです。

ドライアイがつらいからといって、市販の目薬をむやみに点眼すると、
大切な自分の涙を洗い流していることになりかねないので、
注意が必要です。

ドライアイは、目の乾き以外にも、様々な症状を引き起こします。

 ・目にゴロゴロとした異物感を感じる
 ・光をまぶしく感じる
 ・涙がたくさん出て、止まらない
 ・視力が落ちたような気がする

ドライアイにより目に炎症が発生すると、
その痛みや刺激のせいで涙がぽろぽろ出てとまらない、
という症状が起きることもあります。

ドライアイに有効なサプリメントとして代表的なものは、
なんといってもブルーベリーでしょう。
ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」は疲れ目を予防し、改善します。

最近、注目されているのがビルベリーです。
ビルベリーにはブルーベリーの10倍のアントシアニンが含まれています。

その他、アントシアニンは以下の食物にも含まれています。
 ・プルーン
 ・サツマイモ(皮)
 ・ナス(皮)
 ・紫キャベツ
 ・黒豆
 ・黒ゴマなど

また、他のおすすめ成分としては「ルテイン」があります。

ルテインは強い抗酸化作用があり、体内では生成することのできない成分です。
ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

このルテインは、ドライアイや疲れ目に効果のある成分ですが、
それだけではなく、様々な目の病気を予防できます。
白内症、緑内症、飛蚊症などに効果があることが知られています。

飛蚊症の予防のためには、
1日に6mg程度のルテインを摂取することが必要とされています。
ドライアイだけでなく、飛蚊症が気になる方は、
これを目安にサプリメントを選んでください。

濡れタオルを電子レンジで暖め、目の上に置いて温湿布すると、
簡単な割りに、意外と気持ちが良いものです。

ついでにマブタや目頭を優しくマッサージすると、
さらに目の周りの血行が促進され、ドライアイでつらい気持ちも
軽くなります。

実は、上下のマブタには「マイボーム腺」というものがあり、
涙の最表層を形成する脂を分泌しています。
脂層は涙の蒸発を防ぐために重要ですので、
マイボーム腺が良く働いていると、ドライアイの対策となります。

温湿布は、そのマイボーム腺のために効果的です。
つまりドライアイ対策そのものにも効果的なのです。

最近はドライアイ用の目薬も多く出ています。
ドライアイの症状の軽い方は、まずドライアイ用目薬を1日に数回、
点眼すると良いでしょう。

また、ドライアイ用目薬選びでは、防腐剤に気をつけましょう。

一般に薬局で売られている目薬には防腐剤が入っています。
目薬をさす際に、まつ毛やまぶたに触れるなどして、目薬の中にバイ菌が入り、
品質を劣化させるのを防ぐためです。

ドライアイがつらいと1日に何度も点眼してしまいますが、
この防腐剤が、目に対して刺激になることがあります。
ひどい場合には、ドライアイに加え、角膜上皮障害を起こすこともあります。
角膜の一番表面の層を上皮と言い、この角膜上皮が傷ついて痛みが生じるのです。

ドライアイのせいで、1日に数回、目薬が欠かせないという方は、
できるだけ防腐剤フリーの目薬を選びましょう。
ちなみに、眼科医で処方される目薬は防腐剤が入っていません。

ドライアイの治療には、以下のような方法があります。

 ・人工涙液を点眼する
 ・目薬(ヒアルロン酸)を点眼する
 ・涙点プラグを装着する

人工涙液や目薬の点眼でドライアイの症状が改善されない場合、
涙点プラグ(=栓)を挿入するという治療が行われます。

目には、涙点という涙が鼻に抜ける通り道がありますが、
その涙点を0.5ミリほどの大きさの涙点プラグでふさぐことによって、
目の潤いを保ち、ドライアイを解消するのです。
涙の量が増えれば、ビタミンやたんぱく質が含まれた涙で目の表面を保護し、
キズを修復することができます。

ドライアイの治療に用いられる涙点プラグには、
シリコンとコラーゲンの2種類があります。
コラーゲンのほうがシリコンよりも柔らかいので、違和感が少なく、
液状のものを注入するので、挿入が簡単です。
また、コラーゲンは除々に分解されて、2ヶ月ほどで無くなるため、
外す処置は不要です。

ドライアイの治療法として、涙点プラグの挿入は外来診療で可能です。
痛みはほとんどありません。また、同様に外す作業もすぐにできます。
費用は片眼で3000〜5000円、両眼で6000円〜10000円ほどです。
(保険適用)

^媼嬰にまばたきの回数を増やす

テレビやパソコンの画面を集中して見ている時は、
まばたきの回数が4分の1に減ると言われています。
まばたきは、目に涙を運ぶという重要な役割がありますが、
まばたきの回数が減ると、目の表面を保護する涙の量が減り、
ドライアイとなってしまうのです。

意識的にまばたきを多くするよう心がけましょう。


▲疋薀ぅ▲ね僖灰鵐織トレンズを使う

ソフトコンタクトレンズは涙を吸収し蒸発させるので、
長時間装用するとドライアイになりやすいと言われています。

ソフトコンタクトレンズを使用する場合、
ドライアイに配慮した、レンズ自体の保水力を高めている製品を選びましょう。

また、レンズの汚れは乾燥の原因、つまりドライアイの原因となるので、
汚れがつきにくいタイプや、装用期間が1日の製品を選ぶと良いでしょう。
(例)ワンデーアキュビューモイスト、メダリスト供■錬殴プティクス、など

ドライアイ用に限らず、コンタクトレンズを選ぶときに、
レンズが目のカーブにきちんと合っていることは、とても重要です。
できるだけ信頼のおける眼科に相談しましょう。

 

 Copyright ドライアイに注意! All rights reserved.